ここから本文です

アマゾン、新型「Fire HD 8」発表--RAMを増やした上位モデルやキッズモデルも

5/13(水) 22:10配信

CNET Japan

 アマゾンジャパンは5月13日、新型タブレット「Fire HD 8」とスペックを強化した「Fire HD 8 Plus」、Fire HD 8をベースにした子ども向け「Fire HD 8 キッズモデル」を発表した。

 Fire HD 8は、8インチのIPSディスプレイ(1280×800ピクセル)を搭載したタブレット端末。筐体デザインを変更しており、縦長だった旧モデルから縦幅を12mm縮小、横幅を9mm増やすことで縁の幅を均一化。より四角に近いデザインとなっている。厚みは9.7mmで変更はないものの、重さは355gで前モデルより8g軽量化した。

 SoCは2.0GHzのクアッドコアプロセッサ、RAMは2GBを搭載。1.3GHzクアッドコアプロセッサ、RAM 1.5GBを搭載していた前モデルと比べて、処理速度が30%高速化された。また、ストレージも倍増となり、32GBと64GBの2モデルをラインアップする。さらに、200万画素のフロント・リアカメラを搭載。フロントカメラは位置が変更され、ボディを横に持った際にカメラがディスプレイ上部に来るようになっている。720pでのビデオ撮影ができるほか、ZoomやSkypeといったビデオメッセンジャーが利用可能だ。

 「Showモード」を立ち上げることで、音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートディスプレイとして利用可能。インターフェイスは、最大1TB対応のMicroSDカードスロット、USB TypeCポート×1、3.5mmイヤホンジャック、Dolby Atmosステレオスピーカーを内蔵。バッテリーは、読書、ウェブ、ビデオ、音楽など一般的な使用で最大12時間持つという。Wi-Fiは802.11ac(802.11axは利用不可)に対応する。カラーは、ブラック、ブルー、ホワイトの3種類。

 価格(すべて税込)は、32GBモデルが9980円、64GBモデルが1万1980円。Amazonで13日より予約受付を開始。6月3日に出荷予定だ。また、エディオン、コジマ、Joshin、Sofmap、PCデポ、ビックカメラ、ヤマダ電機でも6月中旬より順次販売を開始する。オプションで、スタンドにもなる純正カバー(3480円)も用意する。

RAM 3GBにQi充電に対応した「Fire HD 8 Plus」

 Fire HD 8 Plusでは、SoCやストレージ、ディスプレイなど基本スペックはFire HD 8と同じながら、RAMを3GBに強化。ワイヤレス充電規格「Qi」に対応し、サードパティ含めたQiチャージャーで充電できる。また、9Wのの高速充電器、Kindle Unlimited2カ月無料クーポン(2020年6月13日までに購入したユーザーが対象)が付属する。価格は32GBモデルが1万1980円、64GBモデルが1万3980円だ。

 さらに、ANGREAT製ワイヤレス充電スタンドを用意。立てかけるだけで充電が開始されるほか、自動でShowモードが立ち上がり、Alexa対応スマートディスプレイとして利用できる。純正の保護カバーをつけた状態でも、フタ部分を裏返してカバーと重ねないのであれば充電可能という。充電スタンドの単体価格は4600円だが、セット販売として32GBモデルは1万4980円、64GBモデルは1万6980円で購入可能だ。

教育コンテンツ盛りだくさんのキッズモデル

 キッズモデルは、Fire HD 8の32GBモデルをベースに、角度が調整できるスタンド付き専用保護カバー(ブルー、ピンク、パープルを用意)、子ども向けコンテンツ「Amazon FreeTime Unlimited」(1年使い放題)、2年間の限定保証が付属する。価格は1万4980円だ。

 FreeTime Unlimitedは、児童書、知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど年齢に応じた数千点のコンテンツが楽しめるサブスクリプションサービス。「ディズニーゴールド絵本 アナと雪の女王」、「ムーミン全集[新版]1 ムーミン谷の彗星」、「恐竜」、「プリキュアオールスターズ 名作えほん にんぎょひめ こびとの くつや 」、「かなざわしょうぎ」、「DeNAプログラミングゼミ」、「ドラえもん デジタルカラー版(1)」、「名探偵コナン歴史まんが 日本史探偵コナン1 縄文時代~原始世界の冒険者(タイムドリフター)~」、「学習まんが はじめての日本の歴史8 天下の統一」などを取り揃える。提供コンテンツは、Amazon FreeTimeチームが選別し、定期的に新しいタイトルが更新されるという。

 また、ペアレンタルコントロール機能も内蔵し、日々の学習目標の設定や年齢フィルター、平日・週末それぞれ15分ごとに設定できる利用時間設定、遊べるコンテンツや閲覧可能なウェブサイトの追加も、PCやモバイルデバイスからアクセスできるペアレンタル・ダッシュボードで設定可能。コンテンツの使用状況も確認できる。さらに、1日のゴールを設定し、それをクリアしないと遊ぶ系のコンテンツにアクセスできないような設定も可能だ。

最終更新:5/13(水) 22:26
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事