ここから本文です

マイランなど後発薬5社、レムデシビル供給へ-ギリアドと提携

5/13(水) 11:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 医薬品メーカーのマイランは12日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療を目的とする抗ウイルス薬レムデシビルのアクセス拡大に向けてギリアド・サイエンシズと提携すると発表した。

ライセンス合意の条件によると、マイランはインドを含む127の中低所得国でレムデシビルを製造および流通する権利を有する。

合意は非独占的で、新型コロナ患者に対する安全性と有効性がいったん認められれば、同薬への一段のアクセスを確保するため複数のライセンス契約締結が可能。マイランの株価は時間外取引で一時3.2%上昇した。

ブルームバーグ・ローによれば、ギリアドはマイランに加え、インドとパキスタンに拠点を置くジェネリック(後発医薬品)メーカー4社にもレムデシビルをライセンス供与する。

ギリアドは12日、非独占的かつ自主的なライセンス契約をシプラとヘテロ・ラブズ、ジュビラント・ライフサイエンシズ、フェロズソンズ・ラボラトリーズとも結んだと発表。ギリアドはライセンス供与を通じて新興国市場でレムデシビルの利用を進めたい考えだ。ブルームバーグ・ローが伝えた。

原題:Mylan to Supply Antiviral Remdesivir for Covid-19 Treatment、Gilead Gives Royalty-Free Remdesivir Licenses to Five Drugmakers (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Olivia Rockeman

最終更新:5/13(水) 11:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事