ここから本文です

テンセント、1-3月は予想上回る増収-ロックダウンでゲーム利用増

5/13(水) 21:09配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国ソーシャルメディア界の巨大企業、テンセント・ホールディングス(騰訊)が13日発表した1-3月(第1四半期)決算は売上高が予想を上回った。新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウンの影響で、ゲームやソーシャルメディアなどオンラインコンテンツが伸びた。

1ー3月の売上高は前年同期比26%増の1081億元(約1兆6300億円)。市場予想平均は1010億7000万元だった。ゲーム売上高は2017年以来最高の伸びを記録した。純利益は289億元。前年同期比で6%増にとどまったが、前年同期は投資による110億元の特別利益が押し上げていた。

同社は具体的な業績見通しを明らかにしないが、新型コロナを要因とするゲーム事業の好調は長続きしない恐れがあるとし、マーケティング予算は厳しさが続くと警戒感を示した。

当局への届け出で同社は「人々の職場復帰に伴い、ゲーム内の支出活動はおおむね平時に戻ると見込んでいる。またオンライン広告業界にはある程度の逆風を予想している」との見方を示した。

原題:Tencent Sales Beat After Gaming Boost Offsets China Slowdown (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Zheping Huang

最終更新:5/13(水) 21:09
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事