ここから本文です

赤江珠緒「ほぼ日常が戻ってきています」  ラジオで治療体験レポート

5/14(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 新型コロナウイルスに感染していたフリーアナウンサー赤江珠緒(45)が12日放送のTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に治療体験レポートを寄せた。

 赤江は「私は中等症でしたので、アビガン、プラケニルを使用しました」と治療薬について説明。「元々は軽症で自宅療養していましたが、中等症に進んで肺炎を起こしていましたので、入院して、投薬と抗生剤の点滴を行い、症状がおさまりました」と振り返った。4日に退院しており、「体力は落ちていますが、今はほぼ日常が戻ってきています。今しばらく病後の療養をする予定です」とした。

最終更新:5/14(木) 7:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事