ここから本文です

野球選手とアメフト選手がサッカーで対戦? 医療従事者支援へ「eスポーツ」慈善大会計画 神奈川

5/14(木) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者を支援しようと、神奈川県内に活動拠点を置くプロや実業団のスポーツチームがオンラインゲーム大会を通じたチャリティーイベントを計画している。5月末の開催を予定しており、競技の垣根を越えた「オール神奈川」の取り組みとして注目されそうだ。

【特集】コロナの衝撃 揺れるスポーツ界

 サッカーゲームの腕前を競う「eスポーツ」の大会として実施され、プロ野球の横浜DeNAやJリーグの県内6クラブなど7競技15チームの選手が参加。大会の様子は動画配信サイトで無料視聴できる。

 企業協賛やインターネット上で寄付を募るクラウドファンディング(CF)、チャリティーオークションを予定しており、開催経費を除く全額を、県を通して医療機関などに寄付する。発起人でもあるJ1湘南の担当者は「スポーツチームの横のつながりで、普段支えてもらっている神奈川に恩返ししたい」とコメントしている。

参加予定チーム(順不同)

【野球】
横浜DeNAベイスターズ

【サッカー】
SC相模原
川崎フロンターレ
湘南ベルマーレ
ノジマステラ神奈川相模原
横浜FC
横浜F・マリノス
YSCC

【バスケットボール】
川崎ブレイブサンダース
横浜ビー・コルセアーズ

【フットサル】
湘南ベルマーレ
YSCC

【ラグビー】
三菱重工相模原ダイナボアーズ

【アメリカンフットボール】
ノジマ相模原ライズ

【バレーボール】
NECレッドロケッツ

神奈川新聞社

最終更新:5/14(木) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事