ここから本文です

ジェイアール東海ウェル 業容拡大、障害者の雇用推進 土台式スタンプやコミュニケーションにIT活用 業務に工夫、改善重ねる

5/14(木) 6:05配信

中部経済新聞

 JR東海の特例子会社、ジェイアール東海ウェル(本社名古屋市港区正徳町2の45の2、大橋正智社長、電話052・659・0701)が、業容拡大に取り組んでいる。昨年4月、JR東海から事務作業の一部を請け負う形で「オフィスサポート事業」を開始。廃棄文書を回収し、シュレッダーにかけて処理したり、広報誌などの配達物を届けたり、業務の種類を順次増やしている。今年4月からは新たに、JR東海の在来線部隊が入る太閤事業所(名古屋市中村区名駅)でも業務を始めた。障害を持つ従業員が能力を最大限に発揮できるよう就労環境の整備を進める。

最終更新:5/14(木) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事