ここから本文です

クルマクッキー作りにチャレンジ

5/14(木) 0:30配信

Impress Watch

 外出自粛で人気が出たものの1つに、お菓子作りがあるそうですね。確かに、わが家も娘がたまにホットケーキが食べたいと言うので、粉を買い足しておこうかな、と思った時はすでに遅く、近所のスーパーを数件まわりましたが全部売り切れ。張り紙があって「次回入荷未定」となっていました。しかもわが家の場合は夫が乳製品アレルギーなので、市販のホットケーキをはじめ洋風のお菓子はほとんどがNG。なかなか乳製品抜きのケーキやクッキーって売ってないんです。

【この記事に関する別の画像を見る】

 なので、夫が一緒に食べる時はいつも、小麦粉と豆乳を使って手作り。そんなに頻繁には作りませんが、巣ごもり生活で時間がたっぷりある今こそ、ずっと作ってみたかったアレにチャレンジするチャンスとばかり、娘と一緒に盛り上がって取りかかりました。

 アレとは、クッキー生地でクルマを作ることなんです。いつかは3Dの立体クッキーを作るのが夢ですが、今回は初めてなので2Dの平面からです。もしかして、これを読んでくださっている人の中にも乳製品アレルギーでお悩みの方がいるかもしれないので、念のため材料を記しますね。

 オーブン1回分の量で、薄力粉90g、片栗粉30g、砂糖30g(甘さ控えめです)、塩ひとつまみ、サラダ油(オリーブオイルでも)30g、水か豆乳30g、あればバニラエッセンスを数滴。今回はこの半量を別のボウルに取り分けて、ココア大さじ1を加えて茶色の生地にしました。あとは、材料を全部混ぜてよ~く手でこね、時間に余裕があればラップをして1時間ほど休ませます。

 その後、生地を清潔な台の上に広げてめん棒で薄く均等にのばします。娘はそこから、ネコやうさぎ、恐竜など可愛いクッキー型で好きなように作り、私はナイフとつまようじを手に、いざクルマクッキー制作をスタート! 作るのは2台で、1台は夫が喜びそうなクルマ。もう1台は私が今いちばん気に入っているクロスオーバーSUV。デザインの参考にしたのは、ちょっとマンガちっくにデフォルメしてあるイラストです。

 最初に、イラストのどの部分を白い生地で作り、どこを茶色の生地で作るのかを決め、いちばん大きなパーツとなるボンネットとグリルの部分をナイフで切り抜きました。自分では、これさえちゃんとできればあとはラクなんじゃないかという予感があったので、かなり慎重に。夫用のクルマはバランスが難しくて、3回作り直しました~。

 そして茶色の生地でルーフとフロントガラスの部分を作り、大枠は完成。あとはヘッドライトやグリルのラインなど、超細かいパーツをクッキー生地でこねて、大枠にのせていきます。これも、左右で微妙に大きさが違ってしまったり、メッキバーの左右で厚みが均等にならなかったり、なかなか納得がいく形にならなくて苦労しました。モタモタしてると生地が乾いてしまってまとまらなくなってくるので、時間との闘いでもあるんですよね。

 でもそうこうするうちに、なんとか「ま、こんなもんかなぁ?」と思える感じに仕上がってきました! 私、まだ皆さんに車名を明かしていないのですが(笑)、写真の2台の車名、わかりますでしょうか?

 170度に予熱しておいたオーブンへ、そ~っと崩れないように入れて、20分。焼き上がりがどうなるか、楽しみ半分・不安半分でじっと待ちます。娘は先に焼きあがった自分の作品に満足して、すでにフライングでパクパク。甘さ控えめなので、アレルギーがなければチョコペンで顔を描いたり、ジャムをつけて食べても美味しかったですよ。

 さぁそして、いよいよクルマクッキーも完成~! どうでしょうか。左のクルマは、焼く前にはわからなかったのに、生地の厚みが均等になっていなくてデコボコしちゃったのが残念。右のクルマは、ホワイトルーフがポイントだったのに、そこだけ焼けすぎてキャメル色になっちゃいました(笑)。よく見たら、サイドミラーも焼けすぎですね~。次回に向けて、反省点たっぷりです。立体クッキーへの道はまだまだ遠そうですが、夫も娘も喜んでくれたので、今回はよしとしましょう。夫は「食べるのがかわいそう」とか言って、ようやく食べてくれたのは2日後でしたけどね(笑)。時間がたっぷりある休日のクルマクッキー作り、なかなかオススメです。

Car Watch,まるも亜希子

最終更新:5/14(木) 0:30
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事