ここから本文です

チキン、タコスもテイクアウトOK! ハンバーガーとビールで過ごすパーフェクトな家飲み時間

5/14(木) 6:32配信

食べログマガジン

ハンバーガーをこよなく愛し、そのおいしさを探求し続ける、ハンバーガー探求家の松原好秀さん。そんな、ハンバーガー界唯一の存在である松原さんに、一食の主食として満足できる、じっくり食べられるハンバーガーを紹介してもらうこの企画。今回は、ビールとの相性抜群な、神奈川・横浜「Antenna America(アンテナアメリカ)」のハンバーガーの魅力をたっぷり教えてもらいます!

【じっくり食べたいハンバーガー】「アンテナアメリカ」

ハンバーガーはそもそもテイクアウトを象徴するような食べ物なので、やっていない店の方が逆に珍しいぐらいです。配達と持ち帰りのみに特化したデリバリー拠点のような店もあるぐらいで、そんな「テイクアウトが基本」なバーガー界から、今回も頑張るお店を一店ご紹介します。それも、「おいしいクラフトビール」を添えて。

ご紹介するのは「アンテナアメリカ」というお店です。場所はJR・横浜市営地下鉄の関内駅から徒歩5分あまり。イセザキ・モールから少しはずれた、古びたオフィスビルの5階にあります。「え? こんな場所に?」と思うような建物ですが、まぁ入ってみてください。

アンテナアメリカはハンバーガー店ではありません。その筋では有名な、アメリカのクラフトビールを扱う販売所です。冷蔵ケースの中を覗いてみると、カラフルなデザインのビールがまぁ~いっぱい!

同店を経営するナガノトレーディングは、その筋ではこれまた大変有名なクラフトビールのインポーター(輸入業者)で、現在、全米約40のブルワリーが醸造する200銘柄以上のビールを輸入販売しています。

店内にはナガノトレーディングが取り扱うほぼすべてのビールが並んでいて、買い求めることができます。缶・瓶のほかに、樽生ビールが計8タップ、サーバーに繋がれていて、すべて店内で飲むことができます。つまり“角打ち”できるということですね。

フードメニューは写真のとおりです。乾き物からハンバーガーまで全12品。加えて“Today’s Specials”が毎日5~6品。すべてビールの“アテ”にすることが前提のフードばかりです。現在、全品テイクアウト仕様で販売中。中から人気トップ3をご紹介しましょう。

1/3ページ

最終更新:5/14(木) 6:32
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事