ここから本文です

再開へ動くプレミアリーグ、選手たちは最低でも週2回のコロナ検査受けることに

5/14(木) 7:20配信

GOAL

再開へ向けて動くプレミアリーグは、選手代表者との会議で週2回のウイルステストを提案したようだ。

新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続いていたプレミアリーグ。それでも数クラブが今月から練習場を開放し、イギリス政府も6月1日以降に無観客試合での開催を許可する方針であると発表するなど、再開へ向けた機運が高まっている。

しかし、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)やダニー・ローズ(ニューカッスル)など、選手の中には6月の再開に対して「時期尚早」とし、感染の懸念を示した選手も多い。

そんな中、プレミアリーグ側と選手代表者(キャプテン)、医療専門家によるビデオ会議が13日に行われた。英『スカイスポーツ』によると、その場でリーグ側からウイルス検査について提案があったという。可能な限りトレーニングを安全に行うため、練習の48時間前を含み、最低でも週に2回の検査を実施することを打診したようだ。

同メディアによると、この提案を選手や監督が支持し、政府や公衆衛生局が承認すれば、19日から5人1組でのトレーニングを開始する可能性があるようだ。最終決定は18日のプレミアリーグ株主総会になるようだが、「厳格に管理された状況下でのトレーニングは、来月からの再開へ向けた第一歩になる」と伝えている。

また、2時間に及ぶリーグとの会議に参加したキャプテンは、今後所属クラブの選手たちへ向けてトレーニンググラウンドを安全に使用するための対策について話すことになるという。あるクラブの幹部は「復帰を望まない選手もいるが、大多数は歓迎するだろう」と語ったようだ。

一方で懸念も存在。プレミアリーグ再開へ向けておよそ4万回の検査が行われること、また新たなトレーニング・プロトコルへの同意書が必要であり、これらが法的に雇用権を超えたものになる可能性を懸念する選手も一部にはいるようだ。

最終更新:5/14(木) 7:20
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事