ここから本文です

シンガー・ソングライターmilet、マンウィズKamikaze Boyから楽曲提供

5/14(木) 4:00配信

スポーツ報知

 シンガー・ソングライターのmilet(ミレイ、年齢非公表)が、新曲「Grab the air」で「MAN WITH A MISSION」のKamikaze Boyの楽曲提供&プロデュースを受けたことが13日、分かった。6月3日発売の初フルアルバム「eyes」に収録される。

 マンウィズの「Reiwa」にゲストボーカルとして参加し、昨年末の「COUNTDOWN JAPAN」では同曲をパフォーマンスして交流。再びコラボレーションが実現した。

 人生初という楽曲提供。miletは「いつにない緊張感と、いつも以上の(とてつもない)うれしさと感謝を抱きしめながら歌わせていただきました。デモを聴かせていただいた時、明るさと共に、たとえ雨が降ろうが、風が吹こうが、どこまでも私を引っ張っていってくれるような強さと安心感を感じました」とコメント。「一瞬で『この歌は、私にとってすごく大切な曲になる』と確信し、昂(たか)ぶる想(おも)いを振り絞って歌いました。Kamikaze Boyさんにいただいた最高な歌を、ずっと大事に大事に歌っていきたい」と意気込んだ。「BOOM BOOM SATELLITES」の中野雅之(48)が、アレンジ、エンジニアリングで参加した。

 新アルバムにはデビュー曲「inside you」(19年3月)を始め、「us」、ライブのみで披露された楽曲「Parachute」、フジテレビ系「めざましどようび」のテーマソング「STAY」など18曲を収録。デビュー曲に続き、「ONE OK ROCK」のToru(31)がプロデュースした「The Love We’ve Made」「Somebody」も収められた。

報知新聞社

最終更新:5/14(木) 4:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事