ここから本文です

マセラティ、新型スーパーカー「MC20」の新画像を公開

5/20(水) 11:55配信

carview!

伊マセラティは5月13日、故サー・スターリング・モスへのオマージュを添え、新型スーパーカー「MC20」のプロトタイプ画像の第二弾を公開した。

【写真をもっと見る】

サー・スターリング・モスは、2020年4月12日に90年の生涯を閉じた伝説の英国人レーシングドライバー。卓越したドライビングスキルを持ちながら、F1チャンピオンには手が届かなかったことから“無冠の帝王”とも呼ばれた。彼は、マセラティで1956年および1957年シーズンを戦った。なかでも1956年5月13日のモナコGPで「マセラティ250F」を駆り、ポール・トゥ・ウィンを飾ったことは、ファンの記憶に強く刻み込まれている。

こうして不世出のドライバーと栄光の歴史をつくったマセラティは、再びモータースポーツで栄冠を手にするべく、スーパースポーツ「MC20」の開発を進めている。MC=マセラティ・コルセの名のとおり、トライデントを冠するサーキット主眼のハードコアマシンは、「エンツォ・フェラーリ」をベースにした「MC12」以来で、「20」は2020年のデビューを表すもの。3月にはイタリア国内でのテスト走行の模様が公開されたが、モナコでの栄冠から54年のタイミングでプロトタイプのボディにはモスのサインが追加された。

デザインのルーツとなるシングルシーターレーサー「エルドラド」と250Fと並んで置かれたMC20は、厳重な擬装が施されているものの、マッシブなリアフェンダーの張り出しやコンパクトなコクピットなどから、スーパーカーの貫禄がうかがえる。ルーフには誇らしげに巨大なトライデントが描かれ、モスへのオマージュとしてこれほどふさわしいマシンはないだろう。

マセラティによれば、MC20は自社で開発から生産までを行なうエンジンを初搭載するとのこと。ブランドのアイデンティティを余すことなく表現したというパフォーマンスとドライビングプレジャーは、250Fと同様、モスの高い評価を勝ち得たに違いない。名車の血統を色濃く受け継ぐMC20。実車の登場が今から楽しみだ。

株式会社カービュー

最終更新:5/20(水) 11:55
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事