ここから本文です

甲子園史上最強ブラスバンドの激闘を覚えているだろうか

5/15(金) 9:00配信

スポニチアネックス

 【君島圭介のスポーツと人間】高校野球のない春が終わろうしている。今年のセンバツは史上初の中止となってしまったが、平成最後の甲子園だった昨春の名勝負を覚えているだろうか。

 石川昂弥(現中日)の2本塁打などで決勝戦を制し、30年ぶり3度目のセンバツ優勝を飾った東邦のことではない。星稜・奥川恭伸(現ヤクルト)の超高校級の投球でもない。スタンドの白熱した戦い。東邦・大阪桐蔭―習志野戦のことだ。そう、応援団同士のドラマチックな決勝戦が忘れられない。

 東邦のマーチングバンド部が米国遠征のため、センバツの開幕に間に合わなかった。大会前半は大阪桐蔭吹奏楽部が「代打」で友情応援し、決勝戦は帰国した同校のマーチングバンド部と合同演奏した。全国屈指の名門校がタッグを組んだのだ。どこもかなうはずがない。誰もがそう思った。

 ところが、相手アルプス席に「美爆音」の異名を誇る習志野が立ちはだかった。習志野の吹奏楽部は200人を超える部員数を誇り、温かく滑らかな演奏は「習高サウンド」と称えられている。それがひとたび甲子園のスタンドに陣取れば、阪神ファンの大声援を聞きなれている近隣住民から「苦情」が出るほどの爆音を鳴り響かせる。

 おそらく甲子園の歴史上でも最高峰の、震えが止まらないほど感動的な演奏合戦だった。野球では東邦が勝ったが、こちらは互いに一歩も引かずに引き分け。大会の応援団優秀賞も両者で分け合った。

 ブラスバンドの演奏は高校野球の大きな魅力だ。定番曲「アフリカン・シンフォニー」は様々にアレンジされ、出場校とセットで楽しめる。チャンスに流れると逆転を呼び込む効果で「魔曲」として知られるのは智弁和歌山の「ジョックロック」。龍谷大平安の「怪しいボレロ」は重低音で繰り返されるスローなテンポが相手チームに極度の重圧を与える。かつてPL学園が奏でた「ウイニング」などは、さながら野球ドラマのテーマ曲のようだった。

 観戦しながら思わず口ずさんでいる。高校野球を応援していたはずが、気付けばこちらが逆に元気をもらっている。球児のプレーに感情移入するうちに、スタンドの応援を少しだけ分けて貰っているのだろう。

 新型コロナウイルスの影響で、高校総体を始め、高校スポーツイベントの中止が余儀なくされている。高校野球は夏の甲子園開催の判断をギリギリまで待っている。今、高校生のスポーツイベントを行うことが適当なのか、それは分からない。

 でもこんな今だからこそ、困難だとは分かっているが、甲子園にこだまする、それぞれの高校の魂がこもった「美爆音」を聞きたい。そう願う。(専門委員)

最終更新:5/17(日) 0:06
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事