ここから本文です

スズキ、スイフト/スイフトスポーツの先進装備を大幅充実。ヤリス&フィットを追撃

5/18(月) 11:55配信

carview!

スズキは「スイフト」ならびに「スイフトスポーツ」に一部改良を施し、5月25日(月)に発売すると発表した。今回の改良の目玉は、安全機能の大幅な充実。またエクステリアデザインを一部変更し、さらに2トーンルーフ仕様を設定したほか、装備も充実させた。車両価格はスイフトが153万5600円から208万7800円、スイフトスポーツは201万7400円(6MT)/208万8900円(6AT)。

【写真をもっと見る(17枚)】

安全機能については、後退時の安全運転をサポートする衝突被害軽減ブレーキや、アクセルの踏み間違い事故のリスクを減らす後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーを設定した。このほかアダプティブクルーズコントロールや車線逸脱抑制機能、標識認識機能、ブラインドスポットモニター、周囲を360度確認できる3Dビュー機能(メーカーオプションの全方位モニター用カメラパッケージ搭載車)など、数多くの先進安全技術を用意している。

またデザインについては、新デザインとなるフロントメッキグリルを採用したほか、シルバー塗装のアルミホイールを採用し、見た目もリフレッシュ。加えて、全グレードに2トーンルーフ仕様を設定したのも新しい。

このほかフロント2ツイーター&リア2スピーカーを全車に標準装備し、計6スピーカーを搭載したのもうれしいポイント。オートライトシステムも全車標準装備となった。

このように機能・装備を大幅に充実させたスイフト/スイフトスポーツ。商品力をアップし、新たに登場した強力なライバル「トヨタ ヤリス」や「ホンダ フィット」に立ち向かう。

株式会社カービュー

最終更新:5/18(月) 11:55
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事