ここから本文です

【鬼滅の刃 完結】無惨を撃破からラスト6週の盛り上がりを振り返る【ネタバレ注意】

5/18(月) 17:07配信

ねとらぼ

 2020年5月18日、『週刊少年ジャンプ』2020年24号にて、人気絶頂の中で完結しました。本当にお疲れ様でした! 

【画像:最終回記念のイラスト】

 テレビアニメ「鬼滅の刃」の放送終了後、2019年11月ごろから『週刊少年ジャンプ』が発売される毎週月曜日には、Twitterハッシュタグ「#鬼滅本誌」がトレンド入りするようになりました。

 今回は、『鬼滅の刃』200話から最終話である205話までのネット上の盛り上がりと内容を振り返っていきたいと思います!

●200話 勝利の代償

 200話は、199話で鬼殺隊が力を合わせて無惨を倒した、その後が描かれていました。蛇柱・伊黒小芭内と恋柱・甘露寺蜜璃の切ない最後や、炭治郎が死んでしまうなど、衝撃の回でした。トレンド件数は2033件(10%サンプリングなので実数は約10倍、以下同じ)となり、さまざまな反応がありました。

 特に大きな反響があったのは、吾峠呼世晴先生の巻末でのコメント。

=====
百人一首の解説見てるんですが今も昔も人の心って変わらなくて感動している( 『週刊少年ジャンプ』2020年18号より引用 )
=====

 百人一首の解説を読んでいるというコメントに対して、伊黒と甘露寺の関係が、百人一首に収録されている藤原義孝が詠んだ短歌、

=====
君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな( 「学ぶ・教える.com」より引用 )
=====

 とピッタリであると話題になりました。この短歌を現代語訳をすると、

=====
君のためには惜しくなかった命でさえ、結ばれた今となっては、長くありたいと思うようになったよ( 「学ぶ・教える.com」より引用 )
=====

 となり、2人の純愛に悲しさと虚しさを感じたという声が見られました。

 また、『鬼滅の刃』が『週刊少年ジャンプ』の表紙を飾った、最後の回となりました。

●201話 鬼の王

 201話は、倒したと思っていた無惨の“最後のあがき”が描かれました。無惨との戦いで最前線にいた炭治郎は、無惨により鬼にされてしまいます。炭治郎の死に悲しんでいた水柱・富岡義勇や善逸、伊之助を前に、鬼にされた炭治郎が暴れだします。瀕死状態である伊之助は炭治郎を人殺しにせず斬ろうとしますが、3人で過ごした日々を思い出し、斬ることができません。その様子に涙したという人も多く見られました。トレンド件数は3251件と、ストーリーの盛り上がりとともにネット上でも大きな話題になりました。

 この伊之助の葛藤をイラストにしたツイートが話題となり、「ほわほわするものをたくさん知ったから、斬れないんだよね」など多くの反応がありました。

1/3ページ

最終更新:5/18(月) 17:07
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事