ここから本文です

ディズニー有力幹部がCEO就任 ティックトック運営の中国企業

5/19(火) 10:10配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】動画投稿アプリ「ティックトック」を運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は18日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーの有力幹部、ケビン・メイヤー氏がティックトックの最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。バイトダンスの最高執行責任者(COO)も兼務する。

 メイヤー氏はディズニーの動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の責任者。同サービスは、新型コロナウイルスの巣ごもり需要も追い風に契約者を伸ばしている。

 メイヤー氏はディズニーCEOの有力候補との見方もあったが、今年2月、ボブ・チャペック氏がCEOに昇格した。

最終更新:5/19(火) 14:21
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事