ここから本文です

笹山貴哉、名古屋Dを『本当に強いチーム』へ「古株としてコート内外でチームを引っ張れる存在に」

5/22(金) 12:05配信

バスケット・カウント

「まずはケガをしない身体作りをしています」

文=佐保めぐみ 写真=B.LEAGUE

名古屋ダイヤモンドドルフィンズはBリーグ開幕から毎シーズン勝率を上げていたが、今シーズンは17勝24敗と負け越したままシーズン終了を迎えた。名古屋Dで在籍7年目を迎え、先発ポイントガードを任される笹山貴哉に、今シーズンを振り返ってもらい、そして今後の名古屋Dに必要なことを聞いた。

──今はクラブの練習施設を使えている状況ですか? 

チームとしての活動はまだですが、練習施設は最近使えるようになりました。他の選手と時間帯が被らないように、1人ずつのローテーションで個人練習をしています。

僕はフィジカルトレーニングをメインに身体の基礎を作っています。ボールも使いますけど、ハンドリングとかの基礎しかしていないですね。今年はオフが長いですし、シーズンがいつ始まるのかもはっきりとは分からない状況なので、焦っていきなりバッとトレーニングをしてケガをしたくもないので。チームとしても毎年、ケガ人で悩まされている部分はあるので、まずはケガをしない身体作りをしています。まあ、バスケットができない時はウズウズしていましたね。

──家で過ごす時間が長くなっていると思いますが、どのように過ごしていますか? 

もともと料理はあまりしていなかったんですが、暇すぎてついに料理を始めました。たまにですけど(笑)。得意料理と言えるようなものもないですが、この間、カレーグラタンを作ったらめちゃくちゃ美味しかったです。なので、僕はたぶん料理できますね。でも、このチームで料理と言えば(張本)天傑さんで、料理枠がチームに2人いたらややこしいので、僕はエセ料理というか、今はお家時間があるからやっているだけです(笑)。

──今シーズンの名古屋Dは17勝24敗でした。ケガ人も多くて苦しいシーズンだったと思いますが、ポイントガードとして、またチームリーダーとして難しかった点はありますか? 

僕としては、ジャスティン・バーレル選手が抜けたことがすごく大きかったです。落ち着きたい時とかボールを集めたい時に彼がいなくて、選択肢がすごく狭まってしまいました。他の選手も選択肢がなくなったことで『どうしよう』となっているのが分かりました。ただ、そういう選手がいなくなった時が課題だと明確になりましたし、そこで打開できる力が自分には必要だと感じました。

1/3ページ

最終更新:5/22(金) 12:05
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事