ここから本文です

初の試み! 「生徒総会」もオンライン... 自宅から930人余り参加 文化祭などが議題に

5/22(金) 19:54配信

NBS長野放送

休校中の生徒の活動です。長野県松本市の高校でオンラインによる「生徒総会」が開かれ、930人余りの生徒が各自宅から参加しました。

「こんにちは、放送委員会です」

生徒のいない教室に響き渡る声。画面に映し出された資料を説明するのは…生徒会役員の永井実葵さんです。自宅から全校生徒に向け発信しました。

松本県ヶ丘高校では、長引く休校で生徒会活動が滞っているため22日、オンラインにより「生徒総会」を開きました。生徒930人余りがスマートフォンやパソコンなどを使い、各自宅から参加。生徒会役員が中心となり、来月に予定されている文化祭などについて話し合いました。

生徒会役員・松岡大輝さん(3年):
「生徒会はコロナウイルス感染防止のため、今年の縣陵祭は縮小して開催せざるを得ないという判断をし、縣陵祭の大まかな日程が決定しました」

初の試みで戸惑いもありましたが、伝えたいことはしっかり伝えられたと自己評価しています。

生徒会役員・松岡大輝さん(3年):
「こういう時期だからこそ、みんないつも以上に楽しんでもらいたい。役員も頑張っているから、一般の生徒にも準備は大変だけど楽しんでほしい」

松本県ヶ丘高校では、来週から「分散登校」が始まりますが、当面、全校生徒が集う行事を自粛することから、今後もオンラインで生徒会活動を進めていきたいとしています。

長野放送

最終更新:5/23(土) 12:20
NBS長野放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事