ここから本文です

スゲの香りのマスク寄贈 高岡の菅っこメイトと福岡地区婦人会

5/22(金) 17:11配信

北日本新聞

 高岡市福岡地区の菅細工グループ「菅っこメイト」と同地区婦人会は22日、地区特産のスゲの香りがする手作りマスク約130枚を地元の福祉施設に贈った。

 新型コロナウイルスの収束が見えない中、奮闘する介護従事者を支援しようと、両団体が今月中旬から製作。不織布マスクの内側にポケットを付け、1センチ弱に切ったスゲ入りの袋を仕込んだ。着用時に爽やかな香りが楽しめる。

 この日は、同地区の特別養護老人ホーム「アルテン赤丸」と、介護老人保健施設「さくら苑」の各担当者を市福岡健康福祉センターに招いた。菅っこメイトの大道悦子代表と、蓑道子婦人会長が担当者にそれぞれマスクを手渡した。大道代表は「香りを楽しんで少しでも心が癒やされればうれしい」と話した。

 両団体は月内に、同地区内の7施設にもマスクを贈る。

最終更新:5/24(日) 12:09
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事