ここから本文です

舛添氏「大臣時代、週刊誌に売る記者」黒川麻雀は「マスコミ正義論打ち壊し」

5/22(金) 11:01配信

デイリースポーツ

 元厚労相、前東京都知事の舛添要一氏が21日のツイッター投稿で、東京高検の黒川弘務検事長が緊急事態宣言下、新聞記者と賭け麻雀に興じていたことが発覚し、辞表を提出した問題に関連して、厚労省時代の番記者との関係を記した。

 舛添氏は「大臣のとき多くの番記者がいたが、特定の記者と仲良くすることは巌に慎んだ。公平さがなくなるからだ」とした。

 そのうえで「オフレコの記者懇談会を設けたが、ルールを守らず内容を週刊誌に売る記者がいたので途中で止めた」とトラブルもあったことを明かし、「黒川氏も記者を麻雀のメンツにすべきではなかったが、マスコミ正義論を打ち壊す役割は果たした」と記した。

最終更新:5/22(金) 11:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事