ここから本文です

前川喜平氏「稲田検事総長に責任なすりつけるな」麻雀問題、責任は「アベ首相」

5/22(金) 11:37配信

デイリースポーツ

 元文部科学省事務次官の前川喜平氏が22日のツイッターに、黒川弘務東京高検検事長が賭けマージャンが発覚して辞表提出した問題に関して、責任は安倍晋三首相にあると訴え、「稲田検事総長に責任をなすりつけるな。黒川検事長の違法な定年延長をしたのは誰だ。#辞めるなら今だぞ安倍晋三」と投稿した。

【写真】黒川東京高検検事長の辞表提出などについて記者対応する安倍首相

 前川氏は、これに先立つ21日の投稿で「アベ首相は責任を免れない」とした。「検事長の任命権者は法務大臣ではない。内閣だ。だから黒川検事長は内閣総理大臣に辞表を出した。定年延長も辞職の承認も内閣の権限」と指摘した。

 「閣議請議は単なる手続きだ。法務省が閣議請議したから、黒川氏の定年延長の責任は法務省・検察庁にあるなどという言い逃れは通用しない」とも指摘した。

最終更新:5/22(金) 17:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事