ここから本文です

<Run Girls,Run!>初のアルバムはデビュー3年の集大成 「プリ☆チャン」への思い ソロ曲で個性も

5/24(日) 9:10配信

MANTANWEB

 3人組声優ユニット「Run Girls,Run!」の初のアルバム「Run Girls,World!」が5月20日に発売された。デビュー曲「カケル×カケル」やメンバー3人が声優として出演するテレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」の主題歌のほか、新曲を収録。2017年7月のデビューから約3年の集大成であり、ソロ曲に挑戦するなど、メンバーそれぞれが新たな一面を見せた意欲的な作品に仕上がった。メンバーの林鼓子さん、森嶋優花さん、厚木那奈美さんにアルバムについて聞いた。

【写真特集】可愛いメンバーのソロショット “ほぼすっぴん”が話題のMVも

 ◇デビュー曲「カケル×カケル」への思い

 --2017年のデビューから約3年で初のアルバムとなりました。

 林さん うれしいですね。さまざまな楽曲を歌っていく中で、アルバムを出したい!と自然になっていたので、また一つ夢がかなった!という気持ちです。ソロ曲も入っていたり、アルバムで成長できたところもあります。

 森嶋さん ここまで3年間でライブはもちろん、アニメで声優をやらせていただいたり、冠番組やラジオもやらせていただいたり、さまざまな活動をしてきたこのタイミングだからこそ、自分たちらしさを詰め込めました。

 厚木さん 支えてくださったファンの方のおかげだと思います。3年とは思えないくらいいろいろな曲を発表させていただき、今のタイミングでアルバムを発表できるなんて! 私たちの歴史が感じられるアルバムになっています。新曲が6曲も入っているのですが、どの曲も今までの私たちとは違う顔だったり、成長を感じてもらえるような楽曲に仕上がっています。いろいろな魅力が詰まったアルバムをリリースすることができて、本当にうれしいです。

 --1曲目はデビュー曲「カケル×カケル」です。皆さんにとってどんな曲なのでしょうか?

 林さん 今も一番好きな曲です。歌詞にすごく共感できるんです。もちろんどの曲もすてきで、好きなポイントがたくさんあるのですが、「カケル×カケル」は、私たちが地元から上京して、お仕事を始めた時の気持ちにすごく近くて、毎回ライブで歌う度にその時のことを思い出しますし、歌う度に毎回、初心に帰れるような気がします。最初はこの曲を全力で歌いきる!とにかく頑張る!と歌っていましたが、今は、昔レッスンしていた頃を自然に思い出したり、二人(森嶋さんと厚木さん)の存在をより近くで感じるようになりました。

1/5ページ

最終更新:5/24(日) 9:10
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事