ここから本文です

北陸新幹線、5月28日以降の「かがやき」運休を取りやめ

5/22(金) 22:35配信

Impress Watch

 JR西日本(西日本旅客鉄道)は、5月28日から予定していた北陸新幹線の運転計画の見直しを実施せず、定期の「かがやき」を通常どおり運転すると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社では、新型コロナウイルスの影響で利用が減少していることから北陸新幹線の運転本数を削減しており、5月13日の時点で28日以降、通常1日20本の「かがやき」を0本とする計画を発表していた。

 その後、緊急事態宣言が一部地域で解除されていることや、直近の利用傾向を踏まえ、「かがやき」の運休を取りやめることにした。通常1日36本の「つるぎ」についても、27本とする計画だったが、5月中は29本とし、6月1日以降は30本とする。

 なお、グランクラスについては、当面の間、サービス中止を継続するほか、「かがやき」の普通車指定席やグリーン車も定員の5~6割程度を上限に座席を販売する。

トラベル Watch,編集部:湯野康隆

最終更新:5/22(金) 22:52
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事