ここから本文です

演劇、ライブハウス関係者ら国に要望書 渡辺えりさん「枯れてしまう」

5/22(金) 15:26配信

産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大で休業を余儀なくされ、存続が困難になっている演劇団体、音楽のライブハウス、ミニシアター(小規模映画館)の関係者らが22日、東京・永田町で、文化庁、経産省、厚労省の担当者らに「文化芸術復興基金」の創設など国の公的支援を求める文書を手渡した。

 山形県出身の女優、渡辺えりさんは日本劇作家協会会長として書面を手渡し、「演劇はサクランボと同じ。実がなるまで時間がかかる。今、その根っこが枯れて、腐ってしまうのではないかという状況にある。おいしいサクランボを収穫して、みんなで食べられるようにしたい」と窮状を訴えた。

最終更新:5/22(金) 15:26
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事