ここから本文です

「必ず5分待つ」…“スズメバチハンター”はウイルス除去の専門家 指摘する“消毒の4つのポイント

5/22(金) 19:37配信

東海テレビ

ニュースOne

 私たちの生活を大きく変えることになった新型コロナウイルス。入念な手洗いやマスクの着用が、今や生活習慣の一つとなりました。

「どう評価すれば…」と学校現場も“困惑” 音楽の歌唱指導は“心の中で”“ハミングで”再開後のコロナ対策

家やお店、オフィスのこまめな清掃・消毒も感染防止対策の一つ。そのポイントをスズメバチハンターに聞きました。

 スズメバチハンター森重樹さん。ハンター歴14年、最強昆虫とされるスズメバチを駆除するプロです。

実は森さん、新型コロナの消毒も請け負うウイルス除去の専門家でもあります。

 愛知県豊田市にある、モリ環境衛生センター。ここが森さんの活動拠点。スズメバチなどの害虫だけではなく、ウイルスや細菌などへの対処も行っています。

森さん:
「4月に入ってから顕著に増加傾向にありますね。かなり忙しいですね」

 今回の新型コロナウイルスでは、緊急事態宣言が出された4月上旬から問い合わせが急増しました。

森さん:
「わからない部分が、やっぱり未知のウイルスなものですから、徹底的に消毒作業は行っています」

 オフィスでの消毒は、森さんも感染リスクを避けるために細心の注意を払います。

 まずは自動噴霧器を使って、森さん自身が感染しないように消毒液をまきながら部屋の中へ。

 そして、部屋全体を消毒します。消毒液を散布した後、少し時間をおいて、机やパソコンなどデスク周りを拭いていきます。

森さん:
「皆さんが座られて、常にしゃべっていると飛沫しているので、至る所にウイルスがいる可能性があるので、作業しないとダメですね」

 多くの人の手が触れる引き出しやいすの背もたれ、電話の受話器などは特に念入りに行います。

森さん:
「オフィスは人が一定時間ずっといる場所なので、非常にわれわれとしては時間がかかる場所ですね」

 ひとたび感染が発覚すると森さんのような業者に作業を依頼することになりますが、日ごろの対策は家庭でもできます。

 まず用意するのは、スプレー容器に入れた消毒液、ゴム手袋、使い捨て出来る厚手の紙。家庭で実施する場合、紙は使い捨てのクッキングペーパーなどでいいそうです。

1/2ページ

最終更新:5/22(金) 19:37
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事