ここから本文です

パキスタン旅客機、住宅地に墜落 約100人搭乗 現地の映像

5/22(金) 21:55配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月22日 AFP】パキスタン航空(Pakistan International Airlines)の旅客機が22日、パキスタン南部カラチ(Karachi)の住宅地に墜落した。同機には、乗客乗員計約100人が搭乗していた。

 同国航空当局は、墜落したのはエアバス(Airbus)A320型機で、ラホール(Lahore)発カラチ行きの便だったと発表した。

 パキスタン航空によると、同機には乗客91人、乗員7人が搭乗。管制との連絡が途絶えたのは、午後2時半(日本時間同6時半)すぎだったという。「墜落原因についてコメントするのは時期尚早」だとしている。

 外相は、同機が住宅地に墜落したのは、着陸数分前だったと明かした。

 パキスタンでは先に、新型コロナウイルス対策で封鎖措置が取られており、数日前に商業機の運航再開が認められたばかりだった。

 さらに同国内では、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の終わりとラマダン明けの祝祭「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」の始まりに合わせて祭りの準備が進んでおり、帰省のため移動する人が多い時期とされる。(c)AFPBB News

最終更新:5/22(金) 21:55
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事