ここから本文です

「意味ないやん!」レジ前の飛沫防止用”透明シート”をめくる客に店員戸惑い

5/22(金) 17:31配信

ABEMA TIMES

 新型コロナウイルス感染防止のため、スーパーやコンビニのレジ前などで見かけることが多くなった透明シート。店員と客の間を仕切ることでくしゃみや咳などによる飛沫感染の防止に役立っている。そんな中、5月20日にTwitterに投稿されたこの透明シートに関する漫画が話題となっている。

【映像】飛沫防止用”透明シート”をめくる客に店員戸惑い

 「コロナシールドとは」と題された3コマのエッセイ漫画では、透明シートで仕切られたレジで働く店員の心情が描かれている。シートで仕切られているレジで「お~ガードされてる…あんしんかん…」と、安心感たっぷりに待機する店員。すると、客がまるで居酒屋の”のれん”をくぐるかのようにシートをぺらっとめくり「これくださいな」と話しかけてくる。店員と客の間を仕切るはずのシートがめくられることで、店員が戸惑ってしまうといった内容だ。

 この漫画には、「のれん感覚(笑)」「悪気はなさそうですが…それでも困りますよね」「むしろ店員さんがレジ袋いりますか?ってめくってきた」など様々なコメントが寄せられ、19万のいいねが付く大反響となっている。

 漫画の投稿者に話を聞いたところ、緊急事態宣言で休業していた勤め先に久しぶりに出勤したところ店長がコロナシールドを作ってくれていたため「すごい!安心感ある」と感激したそう。しかし、あっさり客に侵入され「意味ないやん!」と心の中でツッコんでしまったという。投稿者は「めくってこられるお客様が他にも結構いるのでご理解いただけるよう今後も頑張ります!」と続けてコメントした。

 コメンテーターで牧師のアーサー・ホーランド氏はこの漫画について、「(めくってしまう)気持ちはわかります。フレンドリーに対応したいという癖が入っちゃっているんだろうな…気を付けます」とついシートをめくってしまう客の気持ちに共感した様子だった。

(ABEMA/『けやきヒルズ』より)

最終更新:5/22(金) 17:31
ABEMA TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事