ここから本文です

【ちょい貯めテク3】知らず知らずのうちに貯まる方法3つ|Mart

5/22(金) 23:10配信

magacol

節約アドバイザーの丸山晴美さんや、Mart読者のみなさんが使っているお得なサービスをご紹介! 今回は、今の時代のニーズに対応した新しいサービスから、不動の人気を誇るあのサービスまで、3つの方法をご紹介します。うまく活用すれば、知らず知らずのうちに「貯め体質」に!

QRコード決済をもっとお得に使う2つの方法

教えてくれたのは

節約アドバイザー 丸山晴美さん
節約アドバイザー。ファイナンシャルプランナー。「自分の家を買うために頭金1000万!」を目標に、自身も節約生活をスタート。家計管理、節約に関するさまざまな著書で、お金とのつき合い方を提案している。

◇Kyash(キャッシュ)◇

丸山さんおすすめのプリペイド式Visaカード
Kyash(キャッシュ)とはプリペイド式Visaカードのこと。現金チャージのほか、最大5枚のクレジットカードやデビットカードを登録できます。決済額に応じてKyashポイントが還元されるのでお得。個人間送金ができたり、リアルタイムで利用状況をチェックできたりするなど使い勝手も抜群。

《3つのカードタイプがあります》
【Kyash Card】

国内でも海外でも、街の店でもオンラインでもアプリと同期して使える。サインレス&タッチ決済にも対応。発行手数料900円。

【Kyash Card Lite】

実店舗でもオンラインショップでもアプリと同期して使用可。本人確認なしで誰でも簡単に申し込める。発行手数料300円。

【Kyash Card Virtual】

オンライン専用カード。メールアドレスと電話番号の登録ですぐ発行、使用可。発行手数料無料。

\Kyashをおすすめする丸山さんはこう使っています/

リクルートカードで還元率をお得に
私もふだんから愛用して、ポイントを二重取りしています。ひもづけているのはKyashと相性のいいリクルートカード。還元率がほかのカードより高く、買い物するたびに常に1.2%ポイントが還元されるのでお得ですよ。

【メリット1】
カードでチャージすればポイント二重取り
Kyashにひもづけたクレジットカードでチャージすると、クレジットカードのポイントとKyashポイントの両方が還元されるので、二重にお得に!貯まったKyashポイントは、残高へチャージして買い物の際などに使うことができます。

【メリット2】
ポイントサイトからチャージも
Point IncomeやGポイントなど、ポイントサイトで獲得したポイントを、Kyashにチャージすることができます。交換手数料や最低チャージ金額、交換にかかる時間などはポイントサイトによって異なるので、チェックしておいて。

1/3ページ

最終更新:5/22(金) 23:36
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事