ここから本文です

【独自】「火付けるぞ!」飲食店に営業自粛を強要した男のまさかの職業とは…“自粛警察”の誤った正義感

5/22(金) 19:45配信

FNNプライムオンライン

暴走する“自粛警察”の誤った正義感

東京・JR大塚駅周辺の飲食店の入り口に無断で貼られた文書がこちら…

「営業スルナ!火付けるぞ!」

【画像】実際に貼られていた脅し文書

飲食店の営業を非難し、店を脅すものだった。被害を受けた2つの店舗は隣接していて、その後営業停止を余儀なくされた。

この脅迫文は4月14日に通行人が発見。店が被害届を提出した。警視庁が防犯カメラなどを調べた結果、捜査線上にある男の存在が浮上した。

その男の職業は、JR大塚駅近辺を管轄する東京・豊島区役所の職員。

逮捕された豊島区役所職員の男は、脅しの文言が書かれた段ボールを貼り付けて店の業務を妨害した疑いがもたれている。

同様の被害を被害を受けた店の店員:
副店長が(脅し文句を)見ていたんですけど、怖がっていました。いいことではないですよね

区の職員がなぜ飲食店を脅すのか?

区役所職員の男はなぜ飲食店を脅そうとしたのだろうか?

男は調べに対し「飲食店に行った客が街やスーパーを歩けば接触感染すると思い、誤った正義感が起こりやってしまった」と供述。

JR大塚駅周辺の飲食店では「営業するな!都民を殺すな!」などと書かれた同様の貼り紙被害が数件確認されていて、警視庁は余罪についても調べている。

区役所の職員逮捕に街の人からは…

男性A:
不適切だと思います。区の職員がそこまでやるべきことかなと思います

男性B:
“自粛警察”ってやつですか?やりすぎでしょうね。ストレスがたまっているんですかね

豊島区は「事実関係を確認してから厳正に対処します」とコメントしている。

“自粛警察”は正義感じゃなく自己満足…

Live News it!のスタジオではコラムニストの吉田潮さんに話を聞いた。

加藤綾子キャスター:
潮さん。誤った正義感でやってしまったということですけれども?

コラムニスト・吉田潮さん:
正義感じゃないですよね。もうここまでくると自己満足なんですよ。イライラしているのはわかりますし…

加藤綾子キャスター:
今みんながこう我慢の時という…

コラムニスト・吉田潮さん:
だけど“自粛警察”って本当イヤな言葉ですね。これが流行るのも私の中では気持ちが悪いなと思っています

加藤綾子キャスター:
自分の中でこれが“正義”だと思っているところが一番恐ろしいですよね

コラムニスト・吉田潮さん:
それを押しつけてくるわけですから…

加藤綾子キャスター:
こういうことがないように願うばかりです

Live News it!

最終更新:5/22(金) 21:57
FNNプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事