ここから本文です

【1000件超え】ピエール・エルメ・パリのデリバリーが好評 シトロエンC3エアクロスSUVでお届け

5/22(金) 21:40配信

AUTOCAR JAPAN

フランスの小型SUVで、高級スイーツ配送

先日、ある読者の方から「本当に走っているの見た。」というメッセージとともに、シトロエンの写真がシェアされた。

【写真】「おうちエルメ」の配送車に C3エアクロスSUV【荷室/内装も】 (42枚)

写っていたのは、フランスの高級スイーツ・ブランド「ピエール・エルメ・パリ」の地域限定デリバリーサービス「おうちエルメ」の配送車。シトロエンの小型SUV、C3エアクロスSUVであった。

“自宅で過ごすファンに、美味しいものを届けたい”というピエール・エルメ・パリ日本法人の呼びかけに応じ、シトロエン(Groupe PSA Japan)がデリバリーカーとして「C3エアクロスSUV」を3台貸与しているわけだ。

「おうちエルメ」は、4月21日にサービスを開始して以来、オーダーの数はすでに1000件を超えているという好評ぶり(5月末の予約分まで)。

1日のデリバリー件数は、1台あたり約15件。1日の走行距離は、1台あたり約80~90km。

3台ともに、デリバリーをはじめて2週間で、それぞれ約1260kmを走ったという。

大きな荷室、快適なシート

「おうちエルメ」は、ピエール・エルメ・パリの対象となるスイーツをオンラインで注文すると、都内対象地域(東京都港区、渋谷区、新宿区、世田谷区、千代田区、大田区、中央区、品川区、文京区、目黒区)の指定場所にデリバリーするというもの。

デリバリースタッフは配送車について、「終日5、6時間におよぶデリバリーでも疲れを感じません」と快適なシートを褒めていたり、「住宅街で、大きな窓と視界の良さが助かっています」と見晴らし性を気に入っているという。

また、デリバリー時にものを言うのが、天井までを含めて容量1289Lに達する広いラゲッジスペース(クラス最大級)。

後席をフラットに畳めば、消毒用品/予備マスク/手袋、さらにスイーツを納めた2個の配達用クーラーボックスを積め込むことができる。

ピエール・エルメ・パリのデリバリー車両は、「おうちエルメ」と書かれた白い円のステッカーが目印だ。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:5/22(金) 21:40
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事