ここから本文です

引退の東芝・大野均、娘と「デートしたい」一問一答

5/22(金) 22:12配信

日刊スポーツ

ラグビー日本代表歴代最多の98キャップを誇り、現役引退を発表していた東芝のロック大野均(42)が22日、「第2の人生」への思いを語った。

【写真】JALの模型を持ち笑顔の大野

オンラインでの記者会見に出席。引退の理由に約1年前から悩まされた膝の痛みと、若手の台頭を挙げた。W杯には07年から3大会連続出場。日本の低迷期からの飛躍を知る功労者は今後、ラグビー界への貢献や普及活動に尽力していく。

主な一問一答は以下の通り。

   ◇   ◇   ◇

-印象的な試合は

大野 桜のジャージーを着て出場した、全ての試合が印象に残っています。特に2013年に秩父宮でウェールズに勝った試合(6月15日、23-8)。2004年に欧州遠征に行って、100点差で負けたウェールズ(11月26日、0-98)に対して、その9年後に秩父宮で勝てるとは、当時の私は思っていなかったです。先発で出たけれど、ノーサイドはベンチで見届けました。勝ちを手中におさめたと感じた時は、涙が出てきました。

-3大会出たW杯で印象的だったのは

大野 本当にW杯の試合はどの試合も、どの時間も印象に残っているけれど、2011年のW杯でオールブラックス(ニュージーランド代表)と対戦して、試合が終わった後に軽いアフターマッチファンクションがありました。オールブラックスのロッカーに招待してくれて、ビール飲みながら交流したんです。その時にロックのブラッド・ソーン選手が来てくれて「ジャージーを交換して」って言ってくれた。80点差ぐらいで負けたけれど(9月16日、7-83)、それでも対戦相手にリスペクトを持ってくれて、うれしかったし、感銘を受けました。

-東芝に在籍し、東京・府中市が第2の故郷になった

大野 府中は本当にラグビーの町として、応援が温かい。2015年のW杯の後に「けやき通り」でサントリーと東芝でパレードをさせていただいた時に、4000人が集まってくれた。見たい光景の1つだった。本当に感謝に尽きます。

-府中でお酒もたくさん飲んできた。これからは

大野 もちろん節度を持って、楽しい範囲で飲みたいと思っています。

-引退して、今は何をしたい

大野 娘が韓流アイドルのファンでして、新大久保をデートしたいなと思っています。なかなかゆっくりとした時間をとることができなかったので、その時間を大切にしたいです。

-娘からは何か言われたか

大野 「お疲れさまでした」という言葉だけですね。

-今後のビジョンは

大野 まずは東芝に何かしらのサポートをしたい。いろいろな地方に出向いてラグビーの普及、尽力したいなと思っています。

-東芝、代表の先輩である広瀬俊朗さんは、俳優としても活躍されている

大野 オファーがあったら考えさせてもらいたいと思います(笑い)。

最終更新:5/22(金) 22:25
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事