ここから本文です

ウクライナで銃撃、7人死亡 釣り旅行が悪夢に

5/23(土) 0:31配信

AFP=時事

【AFP=時事】ウクライナ中部で、首都から釣り旅行に出掛けた7人が、地元の男に射殺された。警察が22日、明らかにした。同国ではまれな銃による大量殺人事件となった。

【写真】立ち入り禁止区域で自撮りに夢中、チェルノブイリに観光客急増

 事件は同日朝、首都キエフから程近いジトームィル(Zhytomyr)州で発生。

 内務省関係者によると、キエフ在住の8人が、同州に住む男の招きで、ノボセリィツィア(Novoselytsya)近郊の湖に釣りに行った。プロのハンターとされるこの男が、客人らを狩猟用のライフルで襲ったという。

 一行のうち、男を含む3人が酒を飲んでいて激しい口論になり、銃を手に取った男はまず2人を銃撃。その後、湖岸の小屋で寝ていた5人を射殺した。1人だけは森に逃げ、無事だったという。口論の原因は不明。

 この内務省関係者の話では、男の身柄は確保されており、終身刑に処される可能性があるという。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:5/23(土) 5:22
AFP=時事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事