ここから本文です

【平安Sの見どころ】実績馬から新星まで豪華メンバーが集結!

5/23(土) 9:40配信

netkeiba.com

 豪華メンバーが集まったGIII。実績馬が意地を見せるか、それとも新星の台頭はあるのか。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真】ゴールドドリームこれまでの軌跡

■5/23(土) 平安S(4歳上・GIII・京都ダ1900m)

 ゴールドドリーム(牡7、栗東・平田修厩舎)はこれまでGI/JpnIを5勝。現役のダート馬で実績は最上位だ。国内でGI/JpnI以外に出走するのは、2016年11月の武蔵野S以来、実に3年半ぶり。帰国初戦ではあるが、格の違いを見せ付けたいところだ。鞍上は藤岡佑介騎手。

 ロードレガリス(牡5、栗東・野中賢二厩舎)は中央再転入後、1勝クラスから前走のアルデバランSまで4連勝。大井時代も合わせると6連勝になる。いずれの勝ちっぷりも上々で、まだまだ底が見えない。今回は実績馬らが高い壁として立ちはだかるが、連勝を伸ばすことができるか。鞍上は池添謙一騎手。

 その他、昨年の東京大賞典などこれまでGI/JpnI・3勝のオメガパフューム(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)、マーチSを制したスワーヴアラミス(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)、昨年のみやこS覇者ヴェンジェンス(牡7、栗東・大根田裕之厩舎)、条件戦3連勝中のマグナレガーロ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)、昨年のレパードS優勝馬ハヤヤッコ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

最終更新:5/23(土) 9:40
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事