ここから本文です

「応援ありがとう」神戸大病院、向かいの中学に“返信”

5/23(土) 8:30配信

神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応する医療従事者に感謝しようと、湊翔楠中学校(神戸市中央区楠町4)が神戸大学付属病院に激励のメッセージを送り、このほど同病院が生徒らへ感謝の返事を渡り廊下に掲示した。

【写真】湊翔楠中学校が張り出した医療従事者に向けた激励の言葉

 同校と同病院は道を挟んで南北の位置関係にあり、院内学級があるなど関わりも深い。最前線の医師らを応援しようと生徒会が中心となって内容を考え、今月1日から、正門前と校舎北側の2カ所に「神戸を救う皆さまの力に感謝」とメッセージを掲げた。

 一方、同病院は20日、同校から見える渡り廊下の窓に「応援メッセージをありがとう」とお礼の言葉を張り出した。「日夜現場に立つ医師や看護師らにとっては、生徒の皆さんの言葉は何よりの勇気となった」という平田健一病院長。休校の長期化などコロナ禍の影響を受ける生徒らに「大変な思いをされていると思うが、お互い頑張ってこの危機を乗り越えていきましょう」とエールを送った。(秋山亮太)

最終更新:5/23(土) 8:39
神戸新聞NEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事