ここから本文です

抗マラリア薬のコロナ治療利用、死亡リスク増と関連か=医学誌

5/23(土) 0:33配信

ロイター

[22日 ロイター] - 医学誌ランセットは、トランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症治療に有望として推奨している抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、患者の死亡リスク増大と関連があるという研究報告書を発表した。

【写真】コロナと戦う医師と看護師に密着、聖マリアンナ救命救急センター

研究は入院中の新型コロナ患者9万6000人超のデータを検証。ヒドロキシクロロキンもしくは「クロロキン」の治療を受けた患者は抗マラリア薬を投与されなかった患者に比べ、死亡リスクが高いことが分かった。

ランセットは、抗マラリア薬投与による恩恵は確認できなかたっとし、安全性と有効性を示す臨床試験結果が得られるまで、抗マラリア薬を新型コロナ治療で使用することは避けるべきとの見方を示した。

トランプ大統領は今週、新型コロナ感染への予防薬としてヒドロキシクロロキンを服用していると明らかにした。しかし、米食品医薬品局(FDA)は副作用を警告しているほか、有効性も疑問視されている。

最終更新:5/23(土) 17:15
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事