ここから本文です

被害者は今も意識不明の重体 ハンマー強盗殺人未遂事件で男を再逮捕 愛知・大府市

5/23(土) 12:28配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

メ~テレ(名古屋テレビ)

 愛知県大府市で借金返済を免れるため元上司の男性をハンマーで殴り殺害しようとしたとして逮捕された男が、男性の母親への殺人未遂の疑いで再逮捕されました。


 殺人未遂の疑いで再逮捕されたのは、フィリピン国籍のサントス・ロビー容疑者(28)です。

 警察によりますとサントス容疑者は5月2日、大府市の住宅の離れで61歳の女性をハンマーで殴り殺害しようとした疑いが持たれています。

 女性は頭の骨を折るなどのけがをしました。警察の調べに対しサントス容疑者は黙秘しています。

 サントス容疑者は、借金の返済を免れるため女性の息子で元上司の坂野旭さん(34)の頭をハンマーで殴り、殺害しようとしたとして逮捕され、「新型コロナの関係で返済に困っていた」などと供述していました。

 坂野さんは今も意識不明の重体だということです。

最終更新:5/23(土) 12:28
メ〜テレ(名古屋テレビ)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事