ここから本文です

ONE-NETBOOKの7型ゲーミングUMPC「OneGx1」、まずはComet Lakeで登場

5/23(土) 9:21配信

Impress Watch

 中国ONE-NETBOOOKは22日(現地時間)、7型のゲーミングUMPC「OneGx1」(またはOne-GXと表記)の詳細を公開した。なお、中国では5月30日より予約開始する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 これまで同社は、OneGx1には次期CPUであるTiger Lakeを搭載するとアナウンスしてきたが、5月末に予約受付開始する最初のモデルでは、Comet LakeであるCore i5-10210Yを搭載するようだ。

 次期Tiger Lakeと比較するとGPU性能ではおよばないが、同じ7型のOneMix 2SやGPD Pocket 2に搭載されているCore m3-8100Yの2倍のCPUコアを搭載しているため、性能は向上する。消費電力も増えているため、ファンは背面の左右から排気するデュアル構成となった。

 もっとも、中国語の製品情報では、このOneGx1には「カジュアル版」というサフィックス表記があり、今後Tiger Lake搭載モデルを“Pro版”として出す可能性はある。

 普段はOneMixシリーズと同じビジネスライクなPCとして使えるが、専用の無線ゲームコントローラを本体左右のレールにスライドして装着し、ハンドヘルドのゲーミングPCとして利用できる。また、背面のリング状のイルミネーション、4つのゾーンにわかれたRGB LEDイルミネーションバックライトつきキーボードを備える。

 このほか、メモリは8GBまたは16GB、ストレージは256GBまたは512GBのPCI Express SSDを備える。液晶は1,920×1,200ドット表示対応の7型IPS。OSはWindows 10。

 M.2スロットを備えており、最大2TBまでのSSD、もしくは4G/5G通信モジュールをオプションで搭載できる。背面インターフェイスはUSB 3.0、USB 2.0、USB Type-C、Micro HDMI出力、SIM+microSDカードスロット、Wi-Fi 6、3.5mmステレオミニジャックを備える。

 バッテリは3.7V/12,000mAh。本体サイズは173×136×21mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約623g。

PC Watch,劉 尭

最終更新:5/23(土) 12:37
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事