ここから本文です

ひたちなかの「さぼーる」が2周年 テークアウトと配達で「手作り弁当」提供

5/23(土) 20:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ひたちなかのカフェ・ダイニング「さぼーる」(ひたちなか市東大島、TEL 029-229-0180)が4月1日、オープン2周年を迎えた。(水戸経済新聞)

【写真】さぼーるの弁当(一部)

 自社農園「あすとろファームいばらき」で育てた農薬・化学肥料不使用の季節野菜のサラダバーとスープが人気の同店。新型コロナウイルスの影響で、4月20日から通常の店舗営業を取りやめ、テークアウトとデリバリーに絞った営業を続けている。

 店長の海老澤祥さんは「元々、系列事業所向けにオープン当初から弁当配達を行っていたが、デリバリーやテークアウトの利用増加で、学びながら成長させていただいているところ。配達する中で、利用客からのメニューのリクエストや『おいしかった』という感想をいただける良さもある」と話す。

 メニューは「日替わり弁当」、「日替わり焼き魚弁当」、「メンチカツ弁当」、「ハンバーグ弁当」、「肉野菜炒め弁当」、「からあげ弁当」、「チキンカツ弁当」(以上、500円)のほか、看板メニューの「タコライス」(400円)、「チーズタコライス、ベジタコライス」(500円)、「スペシャルタコライス」(600円)など。日替わり弁当の内容は公式ウェブサイト上の献立表で確認できる。

 海老澤さんは「料理は手作りにこだわっている。リクエストに応じる中でできることの幅が広がっていて、スタッフの中でも『今できることは何か』と前向きにチャレンジしようという雰囲気がある。今は自慢のサラダバーが提供できない状況だが、収束後には楽しんでもらえたら」と話す。

 弁当の予約時間は9時~13時30分。持ち帰り時間は11時~18時。デリバリーは、ひたちなか市内のみ。予約時間は昼配達=8時30分~10時、昼以降配達=8時30分~13時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/23(土) 20:00
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事