ここから本文です

長野で7歳男児が行方不明 川に流されたか、弟は救助

5/23(土) 10:16配信

朝日新聞デジタル

 22日午後9時半ごろ、長野県千曲市内川の小学2年生、中村士(つかさ)さん(7)と弟(4)の行方がわからなくなったと、父親から千曲署に通報があった。約3時間後、弟は自宅から約1キロ離れた千曲川で救助され、近くで士さんの長靴などが見つかったことから、署は川に流された可能性があるとみて捜索している。

【写真】弟が見つかった千曲川の冠着橋付近で、男児を捜索する長野県警機動隊員ら=2020年5月23日午前10時49分、同県千曲市内川、里見稔撮影

 同署によると、2人は22日午後5時半ごろに自宅を出た後、行方がわからなくなった。通報を受けて署員らが捜索したところ、23日午前0時15分ごろ、弟が川の中で木につかまっているところを救助された。けがはないという。

 弟が見つかった場所の近くの河川敷や川の中から、士さんの長靴や自転車も見つかった。同署は士さんが川に流された可能性があるとして、川やその周辺を消防隊員らと約40人態勢で捜索している。

朝日新聞社

最終更新:5/23(土) 12:07
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事