ここから本文です

阪神、投手と野手が集まる「集合練習」を開始

5/23(土) 23:41配信

毎日新聞

 プロ野球の阪神は23日、投手と野手が集まる「集合練習」を阪神甲子園球場で開始した。これまでは、午前と午後に分けた「分離練習」だった。選手が集合するのは3月下旬以来約2カ月ぶり。今後は投手と野手の連係やサインの確認など実戦的な練習を増やしていく。

 練習を前に、矢野監督は選手に「苦しい時こそ楽しく笑う姿でファンの人に元気や勇気を伝えることができると思うので、そういう姿を今日から新たに見せていきましょう」と呼びかけた。練習後にオンライン取材に応じた西勇は「久しぶりに全員でやれて、自粛期間と違ってコミュニケーションも取れた。第一歩を踏み出せた感じがする」と話した。

 甲子園球場のある兵庫県など近畿3府県は、21日に新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されている。【田中将隆】

最終更新:5/23(土) 23:41
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事