ここから本文です

畜産農家を応援 湧水町職員が牛肉を購入(鹿児島県)

5/23(土) 18:06配信

KYT鹿児島読売テレビ

KYT鹿児島読売テレビ

 新型コロナウイルスによる外出自粛などの影響で牛肉の消費が落ち込む中、湧水町の職員が畜産農家を応援しようと牛肉を共同で購入した。牛肉を共同で購入したのは、湧水町の職員約140人で作る新和会だ。食肉の製造や販売を行うナンチクを通じて、ステーキ用や焼き肉用などの牛肉、343パック、約83万円分を購入した。
 新型コロナウイルスによる外出の自粛で牛肉の消費が冷え込み、子牛の市場価格も下落。そうした中湧水町では地元の畜産農家を少しでも支援しようと、役場内で購入希望者を募ったという。
 職員は「家で楽しく皆で食べて生産者を応援したい」と話した。湧水町では今後も状況に応じて畜産農家を支援したいとしている。

最終更新:5/23(土) 18:06
KYT鹿児島読売テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事