ここから本文です

料理の腕が上がる、裏ワザ10

5/23(土) 15:14配信

ELLE ONLINE

料理に自信のない初心者から熟練のプロまで、キッチンに足を踏み入れる者は誰しも、時に基本をおさらいする必要がある。
そこで、食の編集者たちの人生を変えた、15の料理のコツをまとめてみた。これを読めばあなたの人生も変わるかも!

いつでもどこでもメモを取る

人気料理番組のホストとして知られる、アイナ・ガーテンが作る完璧なローストチキンのレシピをすごく気に入ったけれど、たまねぎとにんにくの割合が少し自分には合わなかった?
 
1年後再びレシピを見た時には、そのことを忘れてしまっているかもしれないから、付箋でメモをつけておくと◎。忘れた記憶が蘇って便利!

作り始める前にレシピを全部読んでおく

手順を頭に入れておかないと、熱いオーブンの前で長時間立ち尽くすはめに。

ベーコンを炒めた脂はとっておく

残ったベーコン脂の利用法はいろいろ。卵やじゃがいもを焼いてもいいし、ベーコンのキャンドルを作る強者も。可能性は無限大!

まな板の下に湿らせたキッチンペーパーを1枚敷く

まな板がしっかり固定されるので、鋭利な包丁を使う時には覚えておきたいTIPS。

まな板の上にはキッチンペーパーを1枚置く

複数のものを切る時にキッチンペーパー1枚をまな板に敷くと、いちいちまな板を洗い直さなくて時短になる。

タイマーを本来の時間より数分短めにセットしておく

オーブンは機種によって熱の回りがまちまちだし、新しい食材がどんな具合に火が通るのかも分からない。よく言われる事だけれど、生焼けはなんとかできても焼き過ぎは手の施しようがない。

調理の途中で、ときどき味見をする

おいしくなくなるから、最後にまとめて味付けしようとするのはやめて

自分を信じる!

何かどこかで間違ったかも……と思っても、それはたぶん気のせい。自分で思うより、あなたはその料理のことが分かっているはず。

ほんの少し塩を足す。何にでも!

なかには、デザートにまでほんの少し塩を足すべきだと主張する人も。
「塩は素材の持つうまさを引き出し、強調し、深めてくれるので、甘いものにも塩を足すと、より複雑なおいしさが楽しめる」そう!

焼き菓子やパン作りにはキッチンスケールを

結局、パンやケーキ作りは科学みたいなもの。実験する時に材料を適当に混ぜたりしないでしょ?

original text : The Editors translation : Mutsumi Matsunobu

※この記事は、海外のサイト『delish』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE gourmet

最終更新:5/23(土) 15:14
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事