ここから本文です

旬の「トマト」を味わい尽くす秘策は?主婦のアイディアを集めました

5/23(土) 11:10配信

kufura

1年中おいしく食べられるけれど、特に初夏が旬といわれるトマト。ビタミンCやリコピンなど栄養豊富なのもさることながら、食卓のビジュアルが引き立つという点で、積極的に活用したい食材ですよね。生で食べてもよし、加熱調理してもよしで、いろんな料理に使うことが可能ですが、どんなメニューが人気でしょうか?

『kufura』では、20代~50代の既婚女性270人を対象に、トマトを使ったアレンジレシピについてアンケート調査を実施しました。

「トマトサラダ」どうアレンジすると美味しい?

まずは、王道のサラダから。今回のアンケートでは「そのまま食べるのがおいしい」という声も少なからずありましたが、よりいっそうトマトのおいしさを引き出すには、どうアレンジすればいいのでしょうか?

「トマトのサラダ。ごま油と塩のみのシンプルなものですが、夫にも子どもにも好評でした。簡単ですし、火も使わないので特に夏のおかずにぴったりです」(31歳/総務・人事・事務)

「トマトを輪切りスライスにして、カンタン酢とめんつゆで漬ける。特に夏場はさっぱりしてるのでおいしく食べられる」(49歳/主婦)

「トマトとわかめにポン酢をかけたもの。さっぱりしておいしい」(30歳/総務・人事・事務)

「スライスしたトマトにタルタルソースをたっぷりのせて食べるスタイルが大好評です」(49歳/主婦)

「トマトとアボカドのサラダ。トマトとアボカドは先に塩、胡椒であえておいてレタスの上に盛り付けます。ドレッシングも自家製でとても喜んでもらいます」(28歳/主婦)

「無限トマト。トマトとツナ缶と大葉を細かく切ったものを入れ、醤油、みりん、ごま油、砂糖、酢、おろしにんにくを入れ和える。さっぱりしていて旦那もお箸を持つ手がとまらず食べてくれた」(22歳/主婦)

とにかく多かったのは「さっぱりしておいしい」という意見。また、組み合わせ食材として人気だったのは、アボカドとチーズでした。酸味のあるトマトに、クリーミーな味わいがマッチするのかもしれませんね。

1/4ページ

最終更新:5/23(土) 11:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事