ここから本文です

ぷっくり可愛く生命力あふれる「多肉植物」を育てるなら今が始めどき!おうち時間に癒しと元気を

5/23(土) 12:11配信

kufura

長引くステイホームの間に、多くの植物にとっては目覚めの季節・春がやってきました。おうち時間ができてガーデニングを始めた人が増えたと聞きますし、SNSで#新芽 を検索して癒されている芸能人のニュースも話題に。

私が昨年からハマっている多肉植物も、春は成長の季節。キュートな見た目ながら屈強な生命力の持ち主で、癒しとともに元気をもらえます!

多肉植物といっても、種類は様々。よく知られているのがサボテンやアロエでしょうか。

中でも私が気に入って育てているのは、バラのような形をした品種や、長~く連なる品種、小さい葉っぱでこんもり育つ品種です。

『ベンケイソウ科・エケベリア属・アイスグリーン』、『キク科・セネシオ属・ルビーネックレス』……のように細かい分類とそれぞれに名前があるのですが、専門的なことはさておき!まずは私のお気に入り自前多肉5選を紹介します。

右上から時計周りで、

・とても丈夫で初心者にも育てやすいと評判の「ルビーネックレス」を先月初ゲット。茎がぐんぐん伸びて嬉しい!

・この「アガボイデスレッドソーダ」のような、葉っぱがツンツンとがっていてツルツルした質感の多肉植物は、私の好みど真ん中!

・むっちりボディが可愛すぎる「アイスグリーン」は、葉に水分を貯える特徴がある多肉植物ならではのお姿です。

・バラの形のような多肉は、夫には全部同じに見えるそう(失礼な!)「ピンクシャンペーン」は、葉っぱのフチがほんのりピンクで、葉っぱの先もポチッとピンク。個性を楽しんで愛でています。

・葉っぱが細かい系の多肉は繁殖力旺盛。「斑入りパリダム」は2週間で買った時の倍くらいのこんもり感に。

あなたの好みにピンとくる多肉植物はありましたか?

育てやすさも人気の理由! 水やりは毎日じゃなくて大丈夫

私が本やYouTubeで調べたり、自分なりに育ててみてわかった&感じた多肉植物の育て方をまとめてみました

・毎日水やりをすると元気がなくなる→春は5日に1回くらいを目安に鉢を持ち上げて”軽っ!”と思ったらたっぷりあげる。

・暗い場所(室内も含む)で育てるとひょろひょろ伸びてむっちりしない→明るい屋外で育てる。

・風通しがいい場所で育てる。風が動ないと土が乾かず蒸れて根っこがくさる。

「どうせ枯らしちゃうから……」と植物を育てることとは程遠い人生でしたが、お水をあげないとすぐ枯れるという心配なく、ちょっと放置するぐらいがちょう良くて気楽に育てられる多肉植物が私には合っているみたいです。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 12:11
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事