ここから本文です

「アベノマスク」ようやく 山形市で配達スタート 山形県内は45万世帯が対象

5/23(土) 18:30配信

さくらんぼテレビ

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、政府が先月から配布している「布マスク」の配達が23日から山形県内でも始まりました。

安倍総理が着用していることから「アベノマスク」とも呼ばれる「布マスク」は、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴うマスク不足を受けて、先月から政府が全世帯に2枚ずつ配布しています。

これまで、感染者が多い都道府県から順に届けられており、県内には22日に最初の配達分が到着しました。山形市の山形中央郵便局に到着したのは2枚入り2万8800セットで、早速配達がスタートしました。

日本郵便東北支社によると、23日に配達の対象エリアは山形市の西部約9000世帯で、配達員が各家を回り、マスクを郵便受けに入れていきました。

(山形中央郵便局総務部・東海林芳文部長)
「新型コロナウイルスの感染防止策の一つとして市民の関心も高いマスク。しっかり間違いなく配達していきたい」

県内の配布対象は、45万世帯で今後順次配達が行われます。

最終更新:5/23(土) 18:30
さくらんぼテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事