ここから本文です

安全確保を放置したままの面談のお願いは「筋違い」

5/23(土) 12:38配信

静岡朝日テレビ

リニア中央新幹線の2027年開通に向けて、
工事着工への理解を得たいとする
JR東海社長の面談の申し入れに対し、
川勝平太知事は約束した作業道路の工事が先だと回答しました。

JR東海の金子慎社長は20日、知事に面談を申し入れていて、
来月中にも本体工事のための準備を再開したいという要望を
明らかにしていました。

これに対し、川勝知事はきのう回答書を送り、
工事に携わる作業員の安全を確保するため
作業道の林道整備を第一に優先して行うべきとして、
「それを放置したまま、お願いは『筋違い』」だと批判しました。

しかし、面談については「やぶさかではない」として、
大井川流域の市や町の首長らと相談の上、調整すると返答しました。

最終更新:5/23(土) 12:38
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事