ここから本文です

「コロナデブ」解消にホームフィットネス。高価なジム機器とオンライントレーニングが盛況

5/23(土) 16:00配信

AMP[アンプ]

新型コロナウイルスの影響で家にこもりがちな毎日、「コロナ太り」「コロナデブ」という言葉がよく聞かれるようになってきた。スポーツジムが閉鎖されている上、家にいるとつい間食が増えてしまったり、運動不足に陥ったりしがち。

そんななか、自宅にハイテクフィットネス機器を導入したり、オンラインのトレーニングを受けたりする人が増えている。欧米で広がるホームフィットネスの現状をレポートする。

20万円のジム機器は高いか?

「ジムから毎月60ユーロ(約7000円)でランニングマシンを借りているんだ」――というのは、オランダ南部・アイントホーフェン市に住むロバート・スケルプハウゼンさん。

彼はジムの一時閉鎖でトレーニング機器が貸し出されたため、早速自宅に導入した。機器は借りる時も返す時も、ジムの人が運送してくれるという。家族5人がマシンを使えるため、「5人分のジム会員費を思えばすごく割安だし、ジムの経営を助けることにもなる」(スケルプハウゼンさん)。

一方、レンタルではなく、恒常的に自宅をフィットネスにする動きも見られる。ハイテクトレーニング機器とオンラインのフィットネスクラスを提供する「Peloton(ペロトン)」は、新型コロナウイルスの広がりを受け、3月中旬から専用アプリをダウンロードした人に90日間無料でオンラインレッスンを提供している。

通常、アプリを使った同社のオンラインレッスンは月々12.99ドル(1400円)。さらに同社が開発したWifi機能とディスプレイ付きの各種トレーニングマシンを買うと、月々39ドル(約4200円)でオンデマンドのレッスンに参加することができる。

レッスン中はライブでインストラクターと繋がってトレーニングができるほか、参加メンバーのタイムやランキングが画面脇に出てきて、一緒に切磋琢磨している実感を味わうことができる。

エアロバイクとランニングマシンの価格はそれぞれ2245ドル(24万円)、4295ドル(46万円)。決して安くないが、これも家族全員分のフィットネス年会費を考えれば、さほど大きな投資ではないのかもしれない。実際にアプリの登録会員のうち10%がこうした機器を購入しているという。

CNBCによれば、同社の3月の登録会員数は、2月の5倍に増えた。無料トライアル期間を1カ月から90日に延長したことで会員数はさらに増加が見込まれており、アナリストらは「コロナ危機後に浮上する勝者となる」との見方を示している。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 16:00
AMP[アンプ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事