ここから本文です

田中・氷見バッテリーは東邦ガスに!2014年選抜4強の豊川ナインのその後は?

5/23(土) 8:00配信

高校野球ドットコム

 選抜大会、選手権大会の開催が中止となり、高校球児だけでなく、高校野球ファンものショックは大きかったのではないか。そこで、これまで甲子園を盛り上げたチームの選手のその後を紹介していきたい。

【動画】夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧

 今回は2014年選抜4強入りを果たした愛知の豊川ナインの主力選手のその後を紹介したい。

投手 田中 空良 3年(東邦ガス)
投手 阿部 竜也 3年(中京大)
投手 浦田 年秀 3年(名古屋経済大)

捕手 氷見 泰介 3年(明治大-東邦ガス)
捕手 今井 竜司 2年(明治大)
捕手 前田 剛男 3年(名城大<準硬式>)

内野手 伊藤 竜平 3年(同志社大)
内野手 島 快莉 2年(山梨学院大-伏木海陸運送)
内野手 中村 胤哉 3年(愛知大)
内野手 高桑 平士郎 3年(関東学院大)
内野手 山田 洸太朗 2年(苫小牧駒澤大)
内野手 吉村 誠也 2年(名城大)
内野手 豊永 大輔 3年(中部大)

外野手 山田 大地 3年(皇學館大)
外野手 杉浦 健太 3年(愛知大)
外野手 武市 啓志 3年(名古屋外大-中部大)
外野手 大河内 聖登 2年(愛知学院大<準硬式>)

 選抜の初戦、前年秋の明治神宮大会優勝の日本文理との試合で、延長13回189球、12奪三振の完投勝利を収めた、エース・田中 空良は東邦ガスに進む。1年目から公式戦に登板し2016年のJABA静岡大会では準決勝・王子戦で完封勝利を果たし優勝に貢献。この年の日本選手権も経験した。

 正捕手で主将の氷見 泰介は明治大に進学。2年春にベンチ入りを果たし、通算19試合に出場。大学卒業度は田中が在籍する東邦ガスに進み、高校ぶりにチームメイトとなった。

 2年生で選抜ベスト4を経験した島 快莉は山梨学院大に進学。4年時は主将を務め、今年から伏木海陸運送に進み社会人1年目を迎えた。

 大阪桐蔭から立教大に進んだ山田 健太の兄・山田 大地は皇學館大に進学。1年時に同大が初出場を果たした全日本大学野球選手権に出場し、大学でも全国の舞台を経験した。

 右翼手の武市 啓志は名古屋外大に進学し野球から離れる。しかし同級生の活躍から野球への思いが再燃し、中部大に再入学して再び野球の道に。4年時には主将を務め、敢闘賞を2度受賞した。

最終更新:5/23(土) 8:00
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事