ここから本文です

ミステリーハンター・篠原かをり ネズミに学ぶ人間生活に役立つ情報満載の本出版

5/23(土) 9:29配信

ENCOUNT

「ネズミのおしえ~ネズミを学ぶと人間がわかる!」4月に発売

 TBS系「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターとして活躍するタレント篠原かをりがこのほど、電話取材に応じ、4月24日に発売した著書「ネズミのおしえ~ネズミを学ぶと人間がわかる!」(徳間書店)の内容やネズミの魅力を紹介した。

【写真】篠原かをり、飼っているネズミで“可愛らしいファミリー”を実写化!? 「家バニアファミリー」の様子

 篠原はこれまでゴキブリ300匹やクモなどを飼育してきた昆虫好き。現在はネズミ4匹を飼っているという。在学中の慶大大学院での研究テーマは「妊娠期マウスが摂食するタンパク質の量や質の違いが次世代に与える影響の検討」というネズミ偏愛ぶり。

 篠原は「ネズミは研究対象として進んでいて、分かっていることが多いんです。そもそも人間を知るために研究しているという側面があって、いくらでも面白いことが分かっています。たくさんの情報が詰まった本です」とPR。

 続けて、ネズミから学ぶ具体例を紹介。「ダイエット。同じ量の物を食べていても、常に食べている場合と比べ、時間を制限して食べる方が太らないです。たとえば100個のお饅頭を24時間だらだらと食べるより、5時間で食べてしまう方がまし。ネズミから効率的なダイエット方法が学べると思います」と語った。

 さらにもう1つ。「ネズミは人間より早くから地球上に存在した生き物。ねたみ、そねみという感情もあります。負の感情があっても今の時代までネズミは生き残っています。つまり負の感情も生き残る上で必要な感情。無くさないといけないものではないことを学ぶことができます」と紹介した。

 他にもネズミのコミュニケーション術など人間の生活に役立つ情報満載という。篠原は「ネズミ大好きです」と大きな声で元気いっぱいに話した。

ENCOUNT編集部

最終更新:5/23(土) 9:29
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事