ここから本文です

編集部が見つけた「今買うべきお皿」【7】食卓が締まるオーバルタイプの波佐見焼|Mart

5/23(土) 16:10配信

magacol

おうちごはんの時間が増え、久しぶりに器を買いたくなった方に編集部がおすすめする「この1枚」。第7回は食卓が締まるオーバルタイプの波佐見焼を紹介します。

編集部が見つけた「今買うべきお皿」【1】フランスアンティークみたいな美濃焼

間延びしがちな長さも、かわいいドット柄が空間を締めてまとめてくれます

波佐見焼 和山 RONDE


長皿 キャメル〈W34.5×D13.5×H2cm〉¥2,500
「この春の新商品。まさにこういうのを探していました。浮き上がるドットが料理を引き立て、ワンプレートにも大皿料理にもしっくりくる万能選手」

【使い勝手を検証!】

(1)カップ類ものせやすい?

直径9cm程度の小鉢やマグを一緒に並べてワンプレートにしても十分なサイズ感。ディップなどを出すときには、小鉢を並べて使えそうです。

(2)細かいものをのせやすい?

ゆるやかに縁が立っているので、お皿を置くときについつい転がってしまいそうなミニトマトなどのストッパーになってくれます。

(3)収納しやすい?

一見、他のお皿と重ねて収納するのが難しそうですが、小皿を集合させてしまうときに便利です。直径が9cm程度の小鉢や小皿が3列並びます。

(4)バリエーションは?

手持ちのお皿との相性もよさそうな4色のラインナップ。丸皿のほか、コーヒーカップや片口カップは、おかずやスープ用にも活躍してくれそう。
波佐見焼 和山 RONDE ルリ、グレー、キャメル、バニラ 長皿〈 W34.5×D13.5×H2cm〉各 ¥2,500、丸プレート〈Phi16.5×H1cm〉各 ¥1,300、コーヒーカップ〈W8×D10×H5.8cm〉各 ¥1,500、片口カップ〈 W7.8×D9×H4cm〉各¥800

撮影/北川鉄雄 フードコーディネート/上島亜紀 取材・文/加藤文惠 構成/富田夏子

Mart2020年5月号
おすすめは手ごろな“メイドイン産地” 久しぶりに1枚買うなら「愛せるお皿」! より

最終更新:5/23(土) 18:29
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事