ここから本文です

18歳でレアル・マドリーに加入したイグアイン、バルサ入りが噂される後輩に助言

5/23(土) 21:01配信

SPORT.es

ゴンサロ・イグアインがFCバルセロナのラウタロ・マルティネスへの関心について語った。ピピータは、バルサから電話がかかってきて、「レオ・メッシがそこにいたら、断るのはとても難しい」と明言している。

アグエロがゲーム配信中にメッシに電話 バルサ10番は突然の連絡に...

ユヴェントスのストライカーは、『TyC Sports』との対談の中で「ラウタロのキャリアは上昇傾向にある」と主張し、「インテルというビッグクラブで実力を発揮しており、アルゼンチン代表では9番になるかもしれない」と認めている。

イグアインは、アルゼンチンサッカー界の新たなアイドルの活躍を確信している。
「彼のキャリアは何年も残っているし、これから批判も浴びるだろう。サッカー選手のキャリアはバラ色ではないし、そこには精神的に強くならなければならないが、彼は確かに代表チームのストライカーになるためのすべての資質を持っている」

ラウタロのバルサへの移籍の可能性について、イグアインは若くしてレアル・マドリーに加入した自身の過去を挙げながら語っている。
「18歳の時にレアル・マドリーから誘いが来て、何て言えばいいと思う?自分が成長するまで待ってくれとでも言うのか?自分の身に何が起こるかなんて分からないんだ。彼にとっては非常に譲れない状況だ」

ゴンサロ・イグアインは、珍しく言葉を選んでこのように語っている。
「“論争を起こさないように意見は言いたくないが、バルセロナに誘われて、メッシがそこにいるのなら、『ノー』と言うのはとても難しい。彼の立場にはなりたくないが、キャリアのために最善だと思う決断が、彼の中にあるだろう」と後輩ストライカーに助言した。

SPORT

最終更新:5/23(土) 21:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事